• 〒400-0813 山梨県甲府市向町147-1 グリーンタウン甲府東【SHOPS向町内】
  • 電話アイコン055-234-5706

小児歯科

Occlusion

PEDIATRIC DENTISTRY小児歯科

小児歯科

乳歯の重要性

「乳歯の虫歯はいずれ生え変わるから治療しなくてもいい」と聞いたことがあるかもしれません。しかし、乳歯の虫歯を放置すれば、様々な悪影響があります。乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備をする役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。
乳歯の生え変わりは、個人差はありますが前歯では6歳頃、奥歯が生え変わるのはもっと大きくなってからで10歳頃です。「そのうち抜けるから...」と放置せずに、一度ご相談下さい。

生えたての歯はとてもデリケートです

永久歯の生えたての時期は、歯の表面が粗造で汚れが付きやすく虫歯になりやすい時期です。また、乳歯に虫歯があると永久歯も虫歯になるリスクが高まります。

また、生まれつき歯が弱い場合があり、その場合さらにむし歯になりやすくなります。
お子様の歯に不安を感じたら、お早めにご相談ください。

DENTAL CARIES PREVENTION虫歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいないと言われています。では、なぜ虫歯になるのでしょうか?

虫歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の大人からお子さんのお口に虫歯菌が移り、その後の糖分の多い食生活や様々な要因が重なると虫歯になってしてしまうのです。

虫歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。この1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、お子様と同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない等のお口のスキンシップを控える事で、成長した時の虫歯の本数を少なくすることができます。それと同時に、周りの大人が自分の口の中をきちんとケアしていることが大切です。

PREVENTION OF THE CAVITY虫歯の予防

CAMBRA®︎
1.CAMBRA®︎

CAMBRA®︎(キャンブラ)は、全米歯科大学65校中40校で採用されている信頼ある「むし歯予防+むし歯管理法」です。近年になって、日本の歯科大学でも取り入れられてきて当院では、必要な患者様にはCAMBRA®をお勧めさせていただきます。大人子供に関わらず受けていただけるプログラムで、ご家族皆様で受けていただくとより効果的です。詳しくは、当院予防歯科のページも合わせてご覧ください。

歯磨き指導
2.歯磨き指導

歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、丁寧に指導していきます。当院での歯磨き指導の方法は、年齢や歯の生え変わりを考慮した上で段階を踏んで上達できるようにお手伝いします。最終的には小学校高学年に仕上げ磨きを卒業できるのが目標です。

フッ素塗布
2.フッ素塗布

乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、構造上虫歯になりやすく、進行が早いのが特徴です。虫歯を予防するために、フッ素を歯の表面にコーティングするのは効果的です。

医院専用の高濃度フッ素の塗布は3ヵ月毎、年に4回が目安です。またご家庭でのフッ素洗口剤やフッ素入り歯磨き粉を、医院でのケアと並行されるとより効果的です。

シーラント
4.シーラント

お子様の歯、特に奥歯の溝は複雑な形をしているので、なかなか歯ブラシの毛先が入りません。そのため汚れが溜りやすく虫歯が発生することもあります。細かい溝を歯科用の薄いプラスチックでふさいで虫歯を予防するのがシーラントです。

シーラントは、はえたばかりの奥歯の予防に有効です。必要があれば、乳歯の奥歯にもシーラントは有効です。